#3「結婚式プロデュース会社のメリット・デメリット」結婚式編

 

こんにちは!遠藤夫婦です!

前回は一般的な結婚式の流れと遠藤夫婦の実際の動きを紹介しましたが
あくまで一般的な収入のカップルが行う「式までの流れ」ですので資金潤沢の方は思いっきりやってください!笑
遠藤夫婦は一般的な世帯収入ですのでぜひご参考にしてください!!

 

今後もコロナのご時世を考慮すると、小規模開催が定番になりゲストの数には限りがでてくるかと思います。
式場側も全力で答えてくれると思いますが、できない事を悔やまず、できるように試行錯誤していきましょう!

 

前置きが長くなりましたが、今回は私たちが式場探しの第一歩として体験したウェディングカウンターのお話です。

遠藤夫婦が実際に行ったのは「ゼクシィ」「ハナユメ」「Crazy Wedding」の3つ。
今回は大手であるゼクシィとハナユメ、そして個性派結婚式プロデュース会社であるCrazy Weddingという二つの軸でご紹介します。

流れに沿って順番に書いていきますが伝えたい気持ちが強すぎて順番が狂ってもご愛敬ください。笑

 

ウェディングカウンターとは

誰しもが結婚を意識したときに頭をよぎるのが・・・そう「ゼクシィ」
結婚を決断しない彼氏にさり気なくプレッシャーを送れるのも・・・そう「ゼクシィ」
晴れて決断を下したカップルが手っ取り早く結婚式関係で接点が得られるのも、そう「ゼクシィ」

 

 

また、このゼクシィに匹敵するのが「ハナユメ」です。
日本の2大結婚式プロデュース会社ではないでしょうか。

 

ウェディングカウンターとはこういったゼクシィやハナユメがプロデュースしている結婚式場斡旋所です。
まずは式場を決めてもらい、付随して前撮りや衣装などの取り扱いも行なっています。

ただし、ウェディングカウンターは提携している式場を案内してくれるのが主な目的であり、ゼクシィやハナユメが式を行っているわけではない!ということは知っておきましょう。
特に旦那諸君。(旦那は知らなかった!)

ちなみに我々、せっかち遠藤夫婦は雑誌を手に取り片っ端から読むとかいうのはせず、店舗のカウンターへGO。笑
雑誌は一度も読んだ事がないので悪しからず・・・。

私たちも式場探しの相談が目的でした。

 

ウェディングカウンターで話す内容

当日はカウンセリング形式で挙式へのイメージ・人数・場所・予算などをざっくり記入していく流れです。

記入が終わると担当者とコンセプト等を話し合い、パソコンで各式場の情報を一緒に見ながら「ここなんてどうですか?」といくつか提案してくれます。

POINT!

カウンセリングシートは条件を絞りすぎず、色々なパターンを想定しておくこと。
ネット検索だけだと出てこないような式場がたくさんあるので、見るだけでも色々なイメージが湧いて来ます!

 

 

提案された式場の中で選ぶ必要はないと思います。
選択肢を広げるという意味で、担当者と積極的に話を聞うちに、「ふたりがやりたい結婚式」がより具体的に見えてきます。

式場決定はもちろん最初にやるべきですが、
普通の流れは「結婚式やりたいね!」ってなると「式場どこにしよう?」よりも
「どんな式にしようか」の方が自然です。

まずは簡単に以下の事をまとめておきましょう。

 

✔︎ どんな式場か(教会?寺院?屋外?)
✔︎ 具体的な開催場所(海外?国内?リゾート地?)
✔︎ テーマ(これはとても重要!詳細は次記事にて)
✔︎ 時期
✔︎ 曜日や暦にこだわるか(親族の中には気にする人もいるかも)
✔︎ ゲストは何人くらいか
✔︎ 前撮りを行うか
✔︎ 予算

 

この辺りが決まっているとウェディングカウンターで有意義な情報を得られるはずです。
私たちの場合は、結婚式をやるぞ!と決めてから、会場が決まるまで約1ヶ月程度でした。

 

大手プロデュース会社のメリット・デメリット

ここからはあくまで個人的な感想ですが、大手代理店のメリット・デメリットをご紹介していこうと思います。

私たちが行ったのは「ゼクシィ」と「ハナユメ」ですが、ハナユメには予約時に海外ウェディングの相談もしていたため、海外挙式を幅広くプロデュースする「ワタベウェディング」をご紹介いただきました。

こういった大手のプロデュース会社は目的に合わせて他のプロデュース会社さんの紹介もしてくれます。
まずはメリットのご紹介です!

 

メリット
● 時間ないけど費用をかけて大規模にやりたい人に向いている
● 招待状関連やペーパー関係、ムービー作成など至れり尽せりで対応していただける。
● 最初のカウンセリングで二人のイメージが固まりやすい。
● 割引などを利用できる

 

特にカウンセリングでは、具体的な結婚式の内容というより、二人のイメージやテーマを中心にざっくりと聞いてくれます。

私たちも、結果的には方向性も定まり色々な行動に移せましたが、やっぱり『自分たちのイメージを言葉にして誰かに話す』という作業が必要でしたし、これが後々のテーマに影響しました。

こういう場で二人の考えを口に出してまとめる、第三者に聞いてもらう、
という点ではとってもいい機会です!

無料カウンセリングいっぱい開催していますのでぜひ行ってみましょう!

 

 

次はデメリットです。

 

デメリット
● 小規模開催を考えているカップルには向いていない
● 自由なスタイルは難しい
● 会場は代理店と提携している式場のみ(当たり前ですが・・・)
● 費用が高い
● ***割!とあるが海外挙式は対応していない事が多い

 

私たちは元々、小規模だからこそ自由なスタイルでやる!という超ざっくりなイメージがありました。

その理由は、せっかく来ていただいたゲストと、あまり話もできずに終わってしまう結婚式をたくさん見てきたからです。

よって大手プロデュース会社では、自由な結婚式・個性的な結婚式を目指しているカップルには不向きだと感じます。

とはいえ、まずは考え始めるきっかけが必要です!
ブライダルフェアに行くのは本当にオススメ!!
まずはWEBで予約を取ってみましょう。

 

●ハナユメ

 

●ゼクシィ

 

ということで、思った以上にやりたいことがあることに気づいた遠藤夫婦。
実現するには大手代理店ではないと早々と理解し退散。

大手カウンターは似たり寄ったり。
一般的な挙式から有名リゾート婚といった感じ。

もう少し個性的なのないかなぁ・・・

そこで見つけたのが「CRAZY WEDDING(クレイジーウェディング)」でした。

 

個性派プロデュース会社のメリット・デメリット

どんなわがままも実現してくれる個性派ウェディングプロデュース会社、クレイジーウェディング

 

 

ここはすごい!
かなり個性的で世界観のあるウェディング空間を作り上げてくれます。

例えば、
・思い入れのある港で中世の衣装をまとって・・・みたいなことを言っても実現してくれる。
・山奥のひっそりとした湖畔の近くでカジュアルドレスで・・・実現してくる。

表参道にカウンターを持っていますが、「IWAI(イワイ)」という式場も隣接しています。

ここもクレイジーウェディングが持つ会場で、洗練されたシンプルでスタイリッシュな式場、同じ建物内にはアットホームな2次会会場を持っています!
今風1.5次会を行うには最適な会場!

 

CRAZY WEDDING & IWAI
HP :  ここから(IWAIはここから

住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-6-15
本社は〒130-0011 東京都墨田区石原1-35-8

問合せ受付時間:水曜日〜日曜日 11:00〜13:00(定休日:月曜日、火曜日)

※WEBサイトまたは電話でも面談の予約をすることができる

ここでは超個性派・クレイジーウェディング、そしてシンプル至上主義・イワイの二つをご紹介します。

 

メリット
● 世界で一つだけの結婚式ができる
● 同じ会社の中で個性派&高価、またはシンプル&安価で会場を選べる
● 個性派を選ぶとアートディレクターが付くので、クオリティの高い世界観を実現可能。
場所も会場に限定せず、公園や倉庫なども選択できる

 

IWAIはシンプル&安価と書きましたが、
シンプルといっても洗練された建物にユニークな人前式会場。
受付にはゲストそれぞれのネームプレートが掲示されたポストがあったりと
シンプルな中に色々な要素が盛り込まれていて素敵です。

実は、IWAIは私たちが最後まで悩んだ会場さんです。

 

 

 

披露宴会場もアットホームで、まるでホームパーティのような会場でした。
ユニークに、でもあまりお金をかけずにシンプルな結婚式を行いたいカップルにはぴったりです!

次はデメリットです。

 

デメリット
<CRAZY WEDDING>
● 費用が莫大
● 一から創り上げるため通常以上の準備期間が必要
● はっきりしたテーマが必須

<IWAI>
● 自由度は低い
● オリジナル料理などは基本NG
● アクセスが分かりづらい(遠方の人は特に)

 

クレイジーウェディングは二人のテーマ性・お金・そして時間がある人にはぴったりですが、ないカップルにはオススメできません。

また、イワイの費用や会場の雰囲気は遠藤夫婦的にとても良い印象でしたが、
オリジナル料理の
提供は衛生上の問題で却下でした。
二人が食べてきた世界の料理を提供する、というアイデアがあったので残念です。

しかし!
個性的なウェディングプロデュース会社をお探しの方は是非とも一度相談カウンターへ行ってみてはいかがでしょうか。

最初はどんな会場があって、どんなプロデュース会社があるのかじっくり調査するのも重要だと思います。

 

●クレイジーウェディング

 

●IWAI

 

結論

『結論:代理店通さず直接式場へアタック』

会場調査、資料取り寄せ、ウェディングカウンターで相談など行動しましたが、結果的に直接気になった式場へアタックという強行手段に出た遠藤夫婦。

幸いにも、旦那の実家の近くに素敵な式場を見つけてしまいました。

ネット上で探したのですが、連絡手段はLINEとお手軽。
正直HPの画像が良すぎるだけで、実際はヤバイのでは?と思うこともありましたが、HP通りでした。←失礼
(別記事で会場のご紹介もします)

 

今、会場探しで困っているカップルさん、
ぜひ自分たちで会場を探して直接相談してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

To be continued…  

 

遠藤夫婦 Recommendation ________________

Hanayume(ハナユメ)
最初に二人で式について考えるきっかけを!

 

ゼクシィ
老舗&女の子の憧れ!ツベコベ言わずに相談カウンターへ行ってみよう!

 

クレイジーウェディング

 

IWAI

 

他個性派ウェディングプロデュース会社さん

空飛ぶペンギン社

HAKU

ウェディングサーカス

一生に一度、最高の瞬間を演出しましょう!

Thank you❤️

 

画像ご提供:Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です