#4「カリブ海の夢!オーチョ・リオスへの行き方」ハネムーン編

前回までのあらすじはこちら

ポテチ食べてたら着きました。
紫芋のやつ美味しかった。

ジャマイカ到着

USフロリダを経て、やっとジャマイカに到着しました!

遠藤夫婦のお友達は世界に散らばっており、
もちろんジャマイカにいたお友達もいます!
彼の情報によると

①夜の外出は本当に気をつけろ 
 ↑大抵どこの国でも言われる
②白タク(個人タクシー)は絶対乗るな 
 ↑大抵どこの国でも言われる

情報源の彼は某お仕事で世界中を回っており2年ほど前までジャマイカに住んでいた方!
あらゆる途上国を生活してきた人の助言は守らねば!!

そんな断固たる決意を持って降り立ったジャマイカのノーマン・マンレー国際空港。
目指すはリゾート地の

オーチョ・リオス(Ocho Rios)
とりあえずゲート前でイエーイ!

 

 

 

 

 

ジャマイカ 最古のラムメーカー、アップルトンの前にて

 

 

ジャマイカは基本的にどこでもUS$が使えるのでわざわざ換金する必要はありません!
現地通貨であるジャマイカン・ドルもありますが、空港での換金はめちゃめちゃレートが悪いので避けましょう。
しかもジャマイカン・ドルは国外持ち出し禁止!

事前調査でもほとんどの施設でUS$が使えるという言葉を信じ、我々は換金なしにしました。
実際、宿泊施設・タクシー・レストランなど換金なしで全く問題なく旅ができました。

入国ゲートをくぐり、シュールな像の前を通ります。↓

空港前のロータリーでは白タクのおっちゃんたちがギラギラと待ち構えています。

私たちが降り立った空港は、ジャマイカ首都・キングストンにある
『ノーマン・マンレー国際空港(KIN)』。
この空港はジャマイカの南側にあり、私たちが行きたいオーチョ・リオスは北側にあります。

オーチョ・リオスへの行き方は

①バス:キングストン経由で約5時間程:12$(2019年現在)
②白タク:ぶっ飛ばして2時間程(チップ込みで120$程度)

この行き方があります。(乗合タクシーもあるらしいですがハードル高いので今回は無視です)

バスで行く正規ルート
空港からキングストン市内にある『ナッツフォード・エクスプレス』で行くのが一番安全です。
時間のある方やスーツケースなどがある場合は予約しておきましょう。
予約はここから。 



そして我々の脳裏を横切るのは2日近く遅れているフライト!!
バスと白タクの時間差、3時間。

・・・3時間あったらなんでもできるぜ!?

 


ということで即交渉。

白タク交渉のコツ
●バスで行くオーラ全開でおっちゃん側からタクシーのメリットを熱心に伝えさせる。この時、地図やガイドブックは開かない方が吉◎

●チップ文化なので相場マイナス10%以外の賃料は絶対に払わないことを告げる

●騙されるのが怖い方は、地球の歩き方などで現地白タク情報を予め集めておくこと!
相場を把握しておかないとボラれる!
日本人独特のニコニコ交渉はなめられるので、怒る必要はないけど笑わない方が良い

↓こんな顔で臨もう!

我々は運よく感じのいいおっちゃんにヒット!
値段は100$+チップということで交渉成立でした。

 

スラム街や中国人が作ってくれた高速道路など紹介を受けながら
ちゃっかり大麻のご案内。笑

“TAXI運転手”
ところで!吸うか?この国ではリーガルだぞ〜
“嫁”
いりません。絶対。

結果!
2時間かからず到着しチェックイン&おっちゃんチップ贈呈!!

今回泊まったのはHillview At Mystic Ridgeです。
プール付きでリゾート感満載。

そして

やっと

・・・やっと

・・・・・・・やっと

ハネムーンが始まったーーーー!!!(現地時刻AM11時)

わざわざ日本から持ってきた ”アレ” を使う時が!!
次回乞うご期待!ハネムーンならこれ持ってけ!!

 

 

続きは#5で!

 

 

遠藤夫婦のおすすめ情報


●Hillview At Mystic Ridge
オーチョ・リオスで宿泊したホテル。
丘の上にあるホテルで、レセプションからはオーチョの街が一望できます。
街中から歩けるレベルに離れているのでとても静かでゆったり過ごせます。
お値段もお手頃価格で大満足。

 

●ジャマイカ高速道路情報
ジャマイカは高速道路も整っていて意外に快適!
日本と同じように、行きたい場所や車種によって料金もはっきり提示しているので
こちらのサイト(英語のみ)も参考にしてみると良いです。
私たちはちょっとボラれたかな〜

 

画像提供:
unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です